番外編 22

ぶらり旅(その一) スポーツアイランド与論島
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


早朝の神戸空港 乗客が少ないので些か心配


鹿児島空港のYS-11 与論島行きの主役だった時も有るがもう引退、時代を感じる


雲の下に与論空港 着陸するのかしないのか ヤキモキ


雨風の与論空港 前途多難??


未だ小さいサトウキビにはこの時期の雨が大切だそうだ


楽園荘のジッチャが釣り上げた大きなシイラ 全部食べられる??


町役場入り口の案内カウンター上のスポーツ教室の案内書(バドミントンは載っていない)

  毎土曜日には近くの小学校へバドミントンと卓球に行く。今日もラケットを持って坂道を下っている途中、女子中学生の数人連れとすれ違ったら、ニッコリと笑顔の挨拶をしてくれる。あれ?誰なんだと思ったら、この3月までバドミントンの練習に来ていた子達だ。中学校の制服を着ていたら、随分大きく見えて、もうこんなに歳月が?過ぎたのだなと実感する。(2006.05.27)

 
明日は1年2ヶ月ぶりの与論島行き。どれほど変った景色が待っているのだろうか。それとも15年前と変らないままなんだろうか。少しドキドキする。島の景色、海の色は変わらないだろうが、親しくして頂いた大勢のシマンチュの方々が、タビンチュの方々(3年間で転勤されてしまう先生方)が、何時の間にか変ってしまうのは、時の流れとして止める事は出来ない。そう言う私自身も随分馬齢を重ねてきて、フルマラソンでなければ走らないと威勢の良い事を言っていたのが嘘のようにパワー不足を実感している今日この頃なんだ。カニは自分の姿に似た穴を掘って住まうと言う。そう来なくっちゃ長い人生勤まらない。何はさて置き、忘れ物が無いか、リュックザックの中身を今一度確かめておこう。デジカメの電池もしっかり充電した。後は私自身の充電の準備・・・・・(2006.05.28)

 5月29日。今回の与論島行きは、当地からだと新しく出来た神戸空港が近いので初めて利用する。三宮からポートライナー(モノレール)に乗って18分、下車して直ぐの所にチェックインカウンターがあるのは便利だ。月曜日の早朝便で乗客が少なくてがらがら。こんなので採算が取れるのかなと要らん心配のお節介?問題は、鹿児島空港での待合時間の長いのには閉口する。飛行機に乗っているトータル時間よりも長いとは、離島たる与論島の嘆きかもしれない。最初からボヤキ節は止そう。それよりも、悪天のため最悪の場合は鹿児島に引き返す事もあると言う条件付フライト。鹿児島空港から一時間余り、高度を下げたので、切れる事の無かった雲の下にくっきりと与論島が見え、無事に着陸してくれるのかなと思っていたら、着陸態勢に入らずに一回、二回と旋回を繰り返すのでやきもきしていたが、三回目の正直でやっと着陸。のっけから雲行きが怪しい。雨も風も有りのスタートになった。天気予報でも雨の多い一週間の梅雨の真っ最中だから承知の上。でも、やっぱり晴れてくれないかな?晴れてくれれば良いんだけれど、サトウキビにはこの時期の雨が何よりも大切だと楽園荘のジッチャが教えて下さったのを思い出す。
 今回の与論島行きは、そのジッチャが体調を悪くしておられるのをお見舞いする事が第一目的だから、雨には本来関係がないのだ。
 そのジッチャの容態は思っていたよりも悪く、心が痛む。私が与論島に来る度に、「折を見てトローリングに連れて行ってやろう。グラスボートにも乗せてやろう」と言って下さっていた。数年前には釣り上げてきたばかりの1メートル以上のシイラを捌いて大鉢に盛り上げて「さぁ食べて・・」生まれて初めて刺身を嫌と言うほど食べまくった事を思い出した。けれど、ジッチャの船に乗せてもらう機会が無く、今日まで来てしまっている。早く回復されて、海へ連れて行って下さい。

 今まで与論島には殆どがマラソン絡みで来ていたから気付かなかったが、予想外にスポーツの盛んな事に驚いた。
 最近バドミントンや卓球での話がよく登場するが、出来れば与論島にいる間、どこかのスポーツサークルで練習をさせて頂ければ嬉しいのだがと田中教育長にお願いし、Webマスターの植田さんのお口添えもあって実現する事になったのだ。
 こう言えば簡単なようだが、卓球は教育委員会の川口さんからピンポンクラブの白石さんへ話を通して頂いた(あれ?卓球とは言わないのかな?どうでも良い事なんだが・・)更にバドミントンは試合が有って、今は一般の人を受け入れる教室は無いとの事で、駄目なんかなと思っていたら、そこは顔の広いマサ子さんが、知り合いの山下さんに連絡して下さって、与論中学校での練習に加えてもらえる事になった。一期一会も大切だが、繰り返す事で水面のさざ波のように広がっていく人のネットワークのお陰で、思わぬ方向に展開するのだ。今回も、私の勝手な希望を叶えて下さった方々に感謝。

 その結果は、殆ど休む間の無いようなスケジュールになってしまったが、まぁ良いか。マラソン以外にもいっぱい出来るんだ。「スポーツアイランド・与論島」である。
 月曜日夜 与論中学校でバドミントン
 火曜日と木曜日の夜 砂美地来館で卓球
 金曜日にはお別れ会もセットされている。
 この他に、古川先生からアイランド放送のインタビューをしたいとメールで言われている。
 私の第三の目的の魚釣りも、天候が許す限りやりたい。そうそう、まだ有った。来年のヨロンマラソンの時、孫の体験入学とひまわりキッズで参加させて頂く話を、那間小学校へ行ってお願いしておかなければならない。
 これは何だか忙しそうだよ・・・・・ (2006.06.07 亀野 稔)