番外編 27

ぶらり旅(その六) 雨が降ったり止んだり
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


テレビの天気予報も悲観的


1時間ほどの釣果 晩のおかずには充分


大金久へのマラソンコース 珍しく平坦で直線的なのでホッとするところ


誓子の碑の周囲の雑草はきれいに掃除されて



与論島の海マイナス太陽の光イコール白っぽい海になってしまう


そっと手の平に掬って星砂を探してみる



 
釣った魚は美味しく食べて完結する グルクンのフライは美味しい


ピンポンクラブの中学生と マラソンランナーでもある北原さん

 6月1日、木曜日。午前4時。目を覚ますが久し振りに雨の音がしない。これなら釣りに行けるかもとラジオの天気予報を聞いてみるが、雨が降ったり止んだりの、何でも有りの一日の様子で、明日も続きそうな気配。それなら止んでいる今がチャンスとばかりに準備をして、お馴染みの供利港の岸壁へ車を走らせた。午前5時30分。まだ誰も来ていない。一番乗りだ。
 幸い波も小さく、雨も殆ど降っていない。やっぱり私みたいな素人には、強い風が吹いていない状態で無いと具合が悪い。仕掛けをセットして、さぁ戦闘開始??その内に地元の釣り人達がやって来て賑やかになって、上手な人の竿がしなっている。何とか私の針にも食い付いてくれた。やれやれ、一安心だ。1時間ほどの間にグルクンなど4匹、晩のおかずには充分だ。早々に引揚げる。朝ご飯も食べなければいけないし・・・・・

 午前10時30分。やっぱり雨が降り始めた。朝方の釣果に味を占めて、餌も残っている事だし、もう一回釣りに行こうと思っていたがそんなのは甘い。こんな土砂降りではお手上げだが、丁度よい具合に、図書館から借りてきた本も未だ半分程しか読んでいないから雨読としよう。
 午後2時頃、又もや豪雨。以前明石市を台風が直撃した時に、1時間で60ミリの降雨量を観測した事があるが、それに劣らぬ凄まじさは息を呑んで唯じっとしているだけ。
後日談。この豪雨の最中に、阿野釣具店のおばさんが供利港に釣りに行っていたそうだ。それだけでもびっくりの話なのに、その雨の最中にグルクンが馬鹿釣れして3kgも釣り上げたそうだ。私の方ときたら、部屋に閉じこもって、早く雨が止んでくれないかと小さくなっていたのに、どうもスケールの違いを感じてしまう・・・・・ (2006.07.18)

 本を読んで、サーダーアンダーギを食べて、お茶を飲んでばかりいると、こりゃ太ってしまいそう。そこは良くしたもの、流石の豪雨も止み、静かになってきたので皆田海岸へ散歩に出かけた。
 午後4時。皆田海岸入り口の手前から南側の大金久海岸へと伸びるマラソンコースは、珍しく直線で平坦だけど、帰り道の28km地点の手前。ボチボチ疲れが出てきて走るのが嫌だなと感じ始める辺り。今は人影も無く唯サトウキビが揺れ、白い直線路が静かに光っているだけ。ゴールにはまだまだ遠い場所。散歩していて、マラソンコースに出て来ると、いろいろな情景が浮かんでくる。大抵は足が重くなってしんどい、しんどいとぐちぐちボヤキの場面が多い。一気に茶花海岸のゴール前の直線道路に飛んでくれれば良いのだが、一体マラソンってのは体に良いのか悪いのか。こうして現場に来て見ると、常々掛かり付けの医者が言う「マラソンってのは、体にダメージを与え、その代わり精神的には向上するが、結果として動けなくなってしまったら人生はお終いだよ」・・・・・納得。

 この前に皆田海岸に来た時には、誓子の碑が雑草に覆われて全く分からなかったが、今日はきれいに掃除してあって良く見える。海の色は「冬も青 離は神饌の棚なるよ」と言われている時期ではなく、おまけに雨上がりで日光が差していないから、誓子の見た海の色には程遠い。それでも静かに波が寄せる砂浜で、星砂が無いかと砂を掌に掬って見るが・・見当たらない。
 夕食時には、今朝釣り上げたグルクンをフライにして出して下さっている。知らなかったが、グルクンは高級魚だと言う。流石に肉厚の白身で美味い。これならもっと頑張って沢山釣りたいものだが、阿野釣具店のおばさんみたいな具合にはいかない・・だろうな!

  午後7時。満腹状態で卓球は出来るのかな?それでも、いそいそと砂美地来館へ出かける。体育館へ入る廊下に、一面に水を蒔いたように濡れている。誰かシャワーでもして、濡れたまま廊下を歩いたのではと思えるほど。
 卓球台の表面にも濡れたような跡が浮いてくる。更にラケットのラバー面にも水気が付いている??これはどうした事かな?? (2006.07.19)
 どうも空気中の湿気の悪戯のようだ。今日は豪雨に何回も見舞われたのでたっぷり水分を含んだ空気が充満しているせい。卓球の球が水分を含んだ所に当たったら、潤滑性を持っているので滑ってしまう事になる。ラケットで打った球には回転が掛かっていて、カーブしたり、シュートしたり、ドロップしたりする。それを使い分けている筈なのに、思ったように球に回転が掛からず、今日は調子が悪いのかなと思っていた。雨の影響はこんな所にまで有るとはと実感。こういう風に理屈をこねていると、湿気さえ無かったら、上手にプレー出来る・・・・・と言うのは嘘。 上手くいかない原因を他に見つけるってのは、あまり良い事ではないよ。反省!!
 今日も田畑さんが練習の相手をして下さったが、先日の練習の後で、体のあちこちが痛くなって困ったとおっしゃる。練習に来たのが久し振りだったので、筋肉痛を起こしてしまわれたそうだ。どうも、どうも・・・・・
 北原さんと練習に来ていた中学生達と一緒に写真を写したが、後日談。北原さんもヨロンマラソンにずっと参加されていらっしゃるそうだ。またこちらの方でも新しいライバルが出来たみたいで、楽しみが増えた。 (2006.07.20 亀野 稔)