番外編 32

衝動買いのつけは?
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


昭和37年の槍ガ岳モノクロフィルム 雲の中にカビが発生している


ハードデスク(記憶装置)の取替え可能に変更(自作パソコンの汚い内部)


フォーマット中の画面 パソコンは一生懸命に働いているようだが・・


古いタイプのボール式のマウスも捨てられない


XP内閣の組閣失敗画面 何回やっても同じ結果(どなたか助けてください!!) 



明石公園点描 一週間前とは見違えるようになった菊花展の入賞作品

  パソコンへの新しいソフトをインストール(入れる事)は、分かり易く政治の世界にたとえると、内閣を総辞職して新政権を作るのに似ている。内閣が変わったからと言っても、以前の政策を全部無くするする訳に行かない。パソコンでも同じように、今までの写真や文章など必要なデータは別の所に移動し、別枠として保存しておくのが第一の作業になる。
 新しく買って来たXP内閣は、スタッフの人数が多いので多くの部屋数を要求しているが、(XPは、パソコンの記憶装置のハードデスク内のCデスクの部屋にしか入らない)私のCデスクの大きさが小さ過ぎるので、大きくて余裕の有るDデスクとの部屋割りを変更する必要性が出てきた。その為に今までDデスクに保存していたデータをとりあえず引越ししなければいけないのだ。

 大体、私のパソコンは、趣味の写真を整理する為に使い始めた。もう50年も前の昔のフィルムには、高松塚の古墳の壁画と同じ様にカビが発生し始めているし、カラーフィルムの色も褪せて紫がかって来ている。何万枚も有るフィルムをパソコンに取り込んで整理、保存中なので、これを放置する事は絶対出来ない。(2006.10.31)
 幸い私のパソコンには取り外し可能なHDD(ハードデスク)の装置(内装式のリムーバブルケース)を付けているので、こういう時には便利だ。と言っても手間のかかる作業で、しようが無いからとぼやきながらやっている。でも、自分で重たい写真アルバムを抱えて持ち運んでいる訳ではないから、肉体的にはしんどい事でもない。設定だけして、後はパソコンが黙々と作業をやっているのを、文字通りボケーッとして眺めているだけだが・・・・・

 パソコンの作業の中で余り気持ちの良くないのが「MS−DOS」と言う真っ黒な画面に英文だけが羅列する、私に言わせればどうにも理解し難く、変な英文を入力すると・・たちまちそれは違うと言って動いてくれない。パソコンだけあって、Y(イエス)かN(ノー)か、1か2か3かとドライに返事を要求されると、答えを入力して「Enter」(実行)のキーを叩くのに、これで良いのかなと一瞬ドキドキしてしまう。あんまり心臓に良くないのだ。パソコンで日本語が通用するなら随分やりやすくなるのだろうにと感じるが、しようが無いのかな・・・・・

 あんまりゆっくりしていたら、ネットで買った「ウオークマン」の初期クレーム期間の7日が過ぎてしまう。焦ってしまうなー。
 XP内閣を収容するために、今まで使っていたHDDの内の大切なデータ類を取り外し可能なHDD(記憶装置)に移動させて、今度は大掃除という手順になる。いやな「MS−DOS」画面の作業で、狭かったCデスクの仕切りを外し、新たな仕切りをHDDの真ん中に設定。ここまでは失敗しても失うデータが無いので気にすることは無い。それでも「FORMAT」(フォーマット、いわば大掃除して新しいデータを入れる為の準備)には随分長い時間がかかる。画面上には1%、2%・・・と進行具合を教えてくれるが、待つ身になれば、もっと早く出来ないかなと思ってしまう・・・・・
 こう言っていると、私がパソコンの操作に熟知しているように聞こえるが、いやなに、「再インストールで困っていませんか?」(いとうあき著)のページを繰りながら試行錯誤しているに過ぎない。大したことは無いのだ!!

 パソコンの使い方を延々と述べていたら退屈されるだけだろう。でも本題は新しく買った「ウオークマン」を一刻も早く使えるようにする為に、パソコンの仕様を「ウオークマン」に合わせているだけで、コラムのテーマの「衝動買い」の後始末をしているんだ。XP内閣なんて言っているが、タダではやってくれないのだし、面倒くさい。ぼちぼち・・いやになりかけている。

 HDDを空っぽにして直ぐにXP内閣組閣ではなく、以前のWindows98を入れておかなくてはならない「アップデート版」を買ってきたからしようが無いが、この手順は慣れているので訳が無い。それでも1時間ほどかかる。そこで思案してしまうのが、私の使っているプリンターなどは、古いからXP内閣では通用しないらしいから困りものだ。とりあえず98の状態で動くようにセット。
(ここで新発見。最近のパソコンなら必要ないかも知れないが、Windows98などの内閣を取り扱う時には・・古いボールを転がす式のマウスが無ければいけないのだ。底で赤い光が輝いているマウスでは操作出来ない事を知った。捨てないで助かった。ホッ・・)
 他にも同じ様なものが有るので、同様に処置をした。パソコンは一つの動作を覚え込ませる為に「再起動」(パソコンを停止したうえで、また起動させる)を必要としているが、これまた回数が多くなってくると時間がかかる。何事も7日間には済ませなくっちゃいけないのだ。少々うんざり・・・・・
 いよいよXP内閣の組閣が始まった。CD-ROMを入れて動き始めると、XP内閣の長所を長々と説明してくれる。後70分と表示があって、それが何時まで経っても変わらない。変だな・・・・・フリーズ(動かなくなってしまう事)したかな??又初めから繰り返すと・・次は上手くいったみたい。
 XPのデータのコピーが終わって、ここで又、例の再起動・・待つこと暫しで・・
英文のコメントがずらりと並び、
・・・・・STOP:0x00000・・・・・と表示されて、これ以上動かない。
 XP内閣組閣が失敗したという事だ。元のWindows98にも戻らなくなってしまって、くたびれもうけもいい所!! (2006.11.05 亀野 稔)

このコラムの感想を聞かせてください。投稿は、ゆんぬフォーラムまで